はじめに

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

ようこそ!

アンネ=ゾフィー・ムター | February 07, 2013

こちらのセクションでは、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲の最新録音(ドイツ・グラモフォン制作)に関するさまざまなストーリーを、今後9カ月に渡ってお届けしていく予定です。スラブの感動的な世界を私と一緒に心ゆくまでお楽しみください。

ドイツ・グラモフォンの制作チームと共に最新アルバムの準備に取り組む様子の映像を、定期的に掲載していきます。お楽しみに。

コンサート情報

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

Berlin

アンネ=ゾフィー・ムター | February 07, 2013

今日は、マンフレート・ホーネックの指揮によるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との最終リハーサルと、3回に渡る公演の第1回目を終えました。その印象をお聞きください。

  • 最終リハーサルの後で

    February 07, 2013
  • コンサートの後で

    February 07, 2013
  • マンフレート・ホーネックと

    February 07, 2013
  • Wow!Wow!

    February 07, 2013
  • ベルリン・フィルハーモニーの建物の正面にて

    February 08, 2013

コンサート情報

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

ケルン

アンネ=ゾフィー・ムター | February 15, 2013

バレンタインデーに、私は、マイケル・フランシス指揮シンフォニア・ヴァルソヴィアとケルンの素晴らしいフィルハーモニーで協奏曲を演奏しました。

ボニー&クライドが私に同行しましたが、彼らが果たした役割を発見するためにリハーサル直後にビデオを観る必要があります!

  • ケルンでのリハーサル後

    February 15, 2013
  • ボニー&クライド

    February 15, 2013
  • ケルンのフィルハーモニー

    February 15, 2013
  • シンフォニア・ヴァルソヴィアとマイケル・フランシス

    February 15, 2013
  • コンサートの後

    February 15, 2013
  • マイケル・フランシスと

    February 15, 2013
  • リハーサル

    February 15, 2013

レパートリー

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

私の大好きな第一楽章の魅力

アンネ=ゾフィー・ムター | March 21, 2013

ドヴォルザークと新世界のことは皆さん良くご存知ですよね。私はまさに今、新世界(アメリカ)からお届けしています。ですから、まずはドヴォルザークとアメリカについて少しお話させてください。その後、このヴァイオリン協奏曲の素晴らしさを皆さんにお伝えできるように、第1楽章から私が大好きな箇所をいくつか選んでご紹介いたします。

私のコメントの後に、それぞれの楽節の映像を取り込んでくださったDG制作チームに感謝いたします。また、皆さんに映像の抜粋をご紹介するのを可能にしてくださった、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とデジタルコンサートホール、マンフレート・ホーネック、そしてケルン・フィルハーモニー、シンフォニア・ヴァルソヴィア、マイケル・フランシスに心からお礼申し上げます。

  • アメリカでのドヴォルザークの活躍

    March 21, 2013
  • 第1楽章‐導入部

    March 21, 2013
  • 第1楽章 - 抒情的な短いパッセージ

    (106-117小節) March 21, 2013
  • 第1楽章 – オーケストラの伴奏部分

    (189-197小節) March 21, 2013
  • 第1楽章 - 第2楽章への橋渡し部分

    (247-247-0-21小節) March 21, 2013
  • 近日更新予定...

    March 21, 2013

レパートリー

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

第2楽章を披露

アンネ=ゾフィー・ムター | April 30, 2013

私は、第2楽章へのさらなる洞察をもって戻ってきました。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団デジタル・コンサートホール、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ケルン・フィルハーモニーの支援を受け、私のお気に入りのパートを披露できることを光栄に思います。

また、質問があります。これは、ファーストビデオの一部です。このスローな楽章に大変重要な、バイオリンで色を作り出すことについてのものです。DGメールアドレス(deutschegrammophon@umusic.com)に答えを送って下さい。

私は、現代の有名な巨匠であり作曲家のヨーゼフ・ヨアヒムが、この作品を実際に公共の場で演奏をしなかった理由についての持論を持っています。それは、右にスクロールしたところの最後のクリップに収めてあります。

  • 「Lied」オープニング

    April 30, 2013
  • 突然のコントラスト

    (バー40-56) April 30, 2013
  • 良い伴奏者になるチャンス

    (バー107-140) April 30, 2013
  • 管楽器との親密な対話

    (バー156-168) April 30, 2013
  • この協奏曲がヨアヒムによって演奏されなかった理由についての私の持論

    April 30, 2013

レパートリー

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

第3楽章の紹介

アンネ=ゾフィー・ムター | August 27, 2013

"ドヴォルザーク協奏曲の3つの楽章を紹介するコーナーへ再びようこそ。この楽章の素晴らしさを堪能できるであろう5つのセクションにご注目下さい。

また、私自身によるこの楽章のレコーディングが、私が知る他の多くの演奏と根本的に異なると思う理由についても触れています。"

  • 序盤

    (1-73小節) August 27, 2013
  • 間奏

    (120-170小節) August 27, 2013
  • ドゥムカ

    (363-440小節) August 27, 2013
  • 管楽器との二重奏

    (608-657小節) August 27, 2013
  • 終盤

    (743-最終小節) August 27, 2013

レコーディング

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

レコーディング―1日目

アンネ=ゾフィー・ムター | June 19, 2013

今日がその日です!私は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とマンフレート・ホーネックとのレコーディングのために戻ってきました。2月にコンサートで競演した後、再び彼らと交響曲を演奏できるなんて素晴らしい。

  • レコーディングセッション―1日目

    音楽の魔法を保存する方法 June 19, 2013
  • レコーディングに備える方法

    私のストラテジー June 19, 2013
  • ボニーとクライドが、セッション後にステージ上の私に挨拶に来る

    June 19, 2013
  • 日記のために新しいビデオを録画

    June 19, 2013
  • 第2楽章の謎に答える

    June 19, 2013
  • 第3楽章を披露

    June 19, 2013

レコーディング

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

レコーディング―2日目

アンネ=ゾフィー・ムター | June 20, 2013

再びフィルハーモニーでの多忙な一日。私達は、ステージよりずっと上に位置し、レコーディングチームの機材が並ぶ「コントロールルーム」でリスニングセッションから始めました。レコーディングプロデューサーのアレンド・プローマンとサウンドエンジニアのステファン・フロックと共に、1日目に録音した素材を分析し、その日後半のセッションで注意すべきことをチェックしました。

  • 2日目

    まとめ June 20, 2013
  • コントロールルームにて

    A・プローマン(レコーディングプロデューサー)、U・フェスケ・・・ June 20, 2013
  • 学習課程

    June 20, 2013
  • 再びベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのレコーディング。久し振り!

    June 20, 2013

レコーディング

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

レコーディング―3日目

アンネ=ゾフィー・ムター | June 21, 2013

私達は今日、ピアノ伴奏のアヤミ・イケダとドボルザークのユーモレスクをレコーディングするため及びリスニングセッションのために、ベルリンのエミル・ベルリナー・スタジオに作業を移しました。私のビデオを見て、作業の流れと明日の最終レコーディングセッションの計画をご覧ください。

  • アユミ・イケダと共演したドボルザークのユーモレスクについて

    June 21, 2013
  • レコーディング本番前にリハーサルを行うアユミと私

    June 21, 2013
  • エミル・ベルリナー・スタジオでのリスニングセッション

    June 21, 2013
  • リスニングセッションでの私とレコーディングチーム

    June 21, 2013
  • 最終レコーディングセッションの計画

    June 21, 2013

レコーディング

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

レコーディング―4日目

アンネ=ゾフィー・ムター | June 22, 2013

レコーディングセッションの最終日。長い年月の後、マンフレート・ホーネックの指揮でこの素晴らしいオーケストラと再びレコーディングをしにベルリンに戻るのがすごく楽しみです。この最終日に、私はマンフレート・ホーネックにも参加するようお願いしました。

  • 要約

    June 22, 2013
  • How it went

    June 22, 2013
  • マンフレート・ホーネックと共演したマズルカについて

    June 22, 2013
  • 次は何

    June 22, 2013
  • ドイツ公共テレビ局ARDとのインタビューにて

    June 22, 2013
  • クリストフ・シュトロイリ(BPメンバー)とのインタビューにて

    アルバム・プロモーションビデオ June 22, 2013

編集

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

最後の仕上げ

アンネ=ゾフィー・ムター | July 09, 2013

We have reached the end of the post-production process, when the musical child needs to be “born”. It’s difficult to let that child go, but we have to close the books and let it fly. Today at the Bavaria Musikstudios in Münich, together with my wonderful team, recording producer Arend Prohmann, and tonmeister (sound engineer) Stephan Flock, I listened to the latest version that they had brought with them and approved it.

プロモーション活動

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

ベルリンのイエローラウンジ

アンネ=ゾフィー・ムター | September 04, 2013

ヴォルザークとの旅も終わりに近付いてきました。私は再びベルリンからリポートしています。人生で初めて、私はクラブで演奏したのです!

そして、ユニバーサルミュージックのリテール・カンファレンスにも参加し、ドイツのメディアからインタビューも受けました。ベルリンからのリポートビデオを観て、その時の様子をご覧下さい。

  • 再びベルリンへ

    ・・・イエローラウンジとポロモ・デーのために September 04, 2013
  • クリスティアン・ツィマーマンと共に

    アスファルトクラブのイエローラウンジ September 04, 2013
  • 私のイエローラウンジ・デビュー

    アスファルトクラブのイエローラウンジ October 02, 2013
  • アスファルトクラブでの演奏

    ベルリンのイエローラウンジ October 02, 2013
  • アスファルトクラブでの演奏

    © S. Hoederath September 04, 2013
  • ベルリンのイエローラウンジ

    © S. Hoederath September 04, 2013
  • アスファルトクラブでの演奏

    © S. Hoederath September 04, 2013
  • アスファルトクラブで「カーテンコール」

    © S. Hoederath September 04, 2013
  • アスファルトクラブで「カーテンコール」

    © S. Hoederath September 04, 2013
  • アルバム800万枚セールスで受賞

    フランク・ブリーグマン&マーク・ウィルキンソン September 04, 2013

プロモーション活動

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

新作ビデオ:「ドローイング・バック・ザ・クロス・イン・ベルリン…」

アンネ=ゾフィー・ムター | October 05, 2013

これが、私のドボルザーク協奏曲レコーディングの正式な記念日です。ベルリンのフリードリヒ通りにある有名なドゥスマン・カルチュラルストアでのイベントで、初めて聴衆の前で演奏するためベルリンに戻ってきます。

私はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団員のクリストフ・シュトロイリと語り合った後、自らのファンのためにサインをしました。ひとりの幼い少女は、サインを貰うために彼女が今習っているバイオリン曲を奏でてくれました。大きな喜びです。

  • 要約

    October 05, 2013
  • 解釈

    オーケストラや指揮者との共演 October 05, 2013
  • ドボルザーク交響曲の私的解釈

    October 05, 2013
  • 最新のレコーディング

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共に October 05, 2013
  • 古い逸話

    私のヘルベルト・フォン・カラヤンとのレコーディング October 05, 2013
  • ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団員クリストフ・シュトロイリと共に

    October 05, 2013
  • CDサインセッション

    ベルリンのドゥスマン・カルチュラルストア October 05, 2013
  • 若年層のファンと語り合って

    October 05, 2013
  • ファンと写真撮影

    October 05, 2013
  • 古いLPにサイン!

    October 05, 2013

プロモーション活動

myDG 会員専用のイベント情報

このデータの閲覧にはログインが必要です

TV appearance on ZDF morgenmagazin

アンネ=ゾフィー・ムター | November 12, 2013

I got up really early this morning, and I mean REALLY EARLY (!) to appear on ZDF-Morgenmagazin, the main breakfast show of German public service TV (shared with ARD). I did two live interviews with moderator Dunja Hayali in two different studios and also played twice with Ayami Ikeba. Wow. It was a lot!

I enjoyed the experience and I think it turned out well. See my video and behind-the-scenes photos. Thank you to ZDF for theirs too. You can watch the whole program here.

  • Behind-the-scenes of ZDF morgenmagazin

    November 12, 2013
  • Just before the 1st interview

    with Dunja Hayali / © ZDF November 12, 2013
  • ... from another angle

    with Dunja Hayali November 12, 2013
  • Backstage, just off set after the 1st interview

    with Dunja Hayali November 12, 2013
  • Preparing for the second interview in the main "breakfast" studio

    November 12, 2013
  • About to go on stage

    with Ayami Ikeba November 12, 2013
  • The audience was already waiting for us

    November 12, 2013
  • Being interviewed at the breakfast bar!

    with Dunja Hayali November 12, 2013
  • Playing Dvořák's Humoresque

    with Ayami Ikeba on the piano November 12, 2013
  • Taking applause just like at the end of real concert

    November 12, 2013